外壁塗装の手抜き工事を見抜く方法

塗装ノウハウ 外壁塗装の心得

一般の方でも「手抜き工事」を見破って、それを未然に防ぐにはどうしたら良いでしょうか?そもそもどこからが手抜きと言えるのかという基準すら持っていない一般の方にとってこれはなかなか難しいかもしれません。ましてや「プロ」に任せておけば安心!?とも言い切れない昨今。今回はそんな皆さまに簡単で確実に、外壁塗装の手抜き工事を見抜く方法をアドバイスさせていただきます。

塗装の基本は3回塗り

塗装エ事はどのような外壁でも、適切な材料を用いることを前提に”3回塗り”が基本です。1回目の下塗りはシーラーを塗るので色は白・グレー・クリーム色などの主張の弱い色です。そして2回目の中塗りと3回目の上塗りは同じ塗料を使うのが一般的です。

仮にこれを2回塗りで済ませたとしたらどうなるでしょうか?実は、塗装工事が完了してしばらくの間は何の問題もありません。2回でも3回でも直後の出来は見た目上はほとんど変わらないのです。しかし、1年ほど経つと塗りムラやローラーの跡が出現し、見た目にもとてもきれいだとは言えなくなってきます。

つまり、最後3回目の上塗りを省くと塗料本来の耐久性が発揮されないために、塗膜が早く劣化してクラックが発生しやすくなります。 つまり塗膜の寿命が大幅に短くなってしまい、早々に次の塗り替え時期がきてしまいます。

手抜き業者はここで意図的に3回目の作業工程を省いてしまいます。そうすればそのぶん手間(人件費)も材料(塗料)も半分で済んでしまうので、こんな業者は大きな利益を確保できるので大幅な値引きなどで交渉してきます。塗装工事で見られる一番多い手抜きの方法がこれです。塗装終わった直後は2回だろうと3回だろうと、素人には判断がつかないので楽勝です。

手抜きを防止するために色を変えて塗る!?

塗料メーカーも推奨し、公共工事では常識になっている方法に、2回目と3回目の塗装の色を微妙に変えるという方法があります。
なるほど。たとえば最終的に真っ白に仕上げるのであれば、中塗りはその色に少しだけ色を混ぜて薄いクリーム色などで塗るなどして、中塗りと上塗りの色を微妙に変えることによって塗り残し箇所が一目で分かるようにするというわけです。

これもなるほど。まったく同じ色で塗ってしまうと、意図的ではなくとも部分的に中塗りのままで終わってしまう箇所、つまり塗り残しが出るというわけです。こういったことを勉強されているリテラシーの高いお客様から、よくある質問の中にこのようなものがあります。

『あの…中塗りと上塗りって同じ色で塗るんですか?』

中塗りと上塗りは同じ色で塗った方が美しい!

そもそもこの中塗りと上塗りの”色を変えて塗る”という慣習は、「きちんとやってますすよ!」というPRという前に、以前の塗装工事で余って使わない倉庫に眠っていた塗料を使い回して経費を浮かすためにやり始めたことだそうです。ついでに2回目3回目の色が明らかに違うので、お客様を納得させる材料としても有効なので一石二鳥だったわけです。

確かに、10年程前までは下塗り中塗り上塗りの施工がきちんと行こなわれている証を色の違いで示し、目で見て確認してもらうため誠実さをアピールしている塗装屋も多くいました。

しかし2回目3回目が同じ色だとしても完全に乾燥したところと塗りたての色は少し違うため分かりますし、昨今のようにスマホカメラの精度がかなり高いので、写真や動画でも十二分に確認していただくことが出来ます。(以下画像)つまりお客様が、工事過程でもご自身の目で確認すれば全く問題がありません。

そしてやはり、新しい塗料で中塗りも上塗りも同じ色でしっかり塗装する方が、ご希望の色通りで、仕上がりも一番美しい施工なのです。

因みに「そんなやり方は聞いたことがない」「写真の提出なんて普通はしないです」 なんてようなことを言う業者は手抜きする可能性が高いので避けた方が無難です。写真を提出することを嫌がるということは手抜きの証拠となりうるのでやりたがらないからです。

ほほえみホームでは、基本的には一番美しく仕上がる中塗りと上塗りを同じ色で行います。工程毎の写真をお客様に見てもらいますのでご安心ください!匿名でのご相談も以下のフォームより24時間受け付けておりますのでお気軽にお申し出ください。

匿名ご相談フォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Translate/翻译